顧問弁護士・法律相談は東京都新橋駅すぐの弁護士事務所、あすなろ法律事務所までお気軽に。
弁護士があらゆる法律問題を解決いたします。

〒105-0003 東京都港区西新橋1丁目20番3号虎ノ門法曹ビル201号

お電話でのお問合せはこちら
03-5251-0003
受付時間
9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間お気軽に!

交通事故

交通事故

事故の賠償、自賠責保険

交通事故

事故の賠償、自賠責保険

交通事故に遭ってしまった場合、加害者に対して、どのような損害について請求できますか?

交通事故によって支払った費用や逸失利益、精神的苦痛に対する慰謝料等を請求できます。

治療費、通院交通費、付添人費用、入院雑費などの交通事故によって支払った費用や、事故で仕事を休んだことによる減給・休業損害、後遺症により今後働けなくなったために将来の収入が減ってしまった損害(逸失利益)、精神的な苦痛に対する慰謝料等を請求できます。裁判所では賠償を類型化、定型化する傾向にあり、慰謝料についても算定の仕方が定まっています。被害者側に落ち度があれば、その分金額は下がります(過失相殺)が、その減額割合の算定も定型化されています。

交通事故に遭ってしまいましたが、加害者は自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)しか入っておらず、全損害を賠償するだけの経済力がありません。泣き寝入りするしかないのでしょうか?

加害者が業務中に事故を起こした場合や未成年などは加害者本人以外に責任を追及できる場合があります。

原則的には加害者本人に請求すべきことになります。加害者に資産がなくても、給料を差し押さえるなどの方法が考えられます。また、加害者が会社の従業員で、業務中に事故を起こしたような場合には、加害者本人だけでなく使用者たる会社に対しても損害賠償を請求できる場合があります。さらに、加害者が未成年で、その親が監督責任を果たしていないような場合には、親に対しても責任を追及できる場合があります。

交通事故の解決方法として、どのような手続がありますか?

第三者機関による示談のあっ旋や調停、訴訟等があります。

交通事故による損害賠償について、当事者間で話し合い(示談)ができない場合の解決方法としては、交通事故紛争処理センターによる和解あっ旋・審査、弁護士会・日弁連交通事故相談センターによる示談あっ旋、裁判所の調停、訴訟等があります。

まずはお気軽にお問合せをご利用ください!

お電話でのお問合せはこちら

03-5251-0003

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:30~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

03-5251-0003
0120-580-261

受付時間 月~金(祝日除く)9:30~18:00 

代表者プロフィール

代表弁護士 山枡 幸文

弁護士会登録番号

No:20055

貴方の『お抱え弁護士』として、あすなろ法律事務所をご活用ください。

メディア掲載情報
専門サイト

ご連絡先はこちら

あすなろ法律事務所

お電話でのお問合せはこちら

03-5251-0003
0120-580-261
住所

〒105-0003
東京都港区西新橋1丁目20番3号
虎ノ門法曹ビル201号