顧問弁護士・法律相談は東京都新橋駅すぐの弁護士事務所、あすなろ法律事務所までお気軽に。
弁護士があらゆる法律問題を解決いたします。

〒105-0003 東京都港区西新橋1丁目20番3号虎ノ門法曹ビル201号

お電話でのお問合せはこちら
03-5251-0003
受付時間
9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間お気軽に!

不動産(建築、近隣紛争)

不動産(建築、近隣紛争)

建築紛争、近隣紛争、境界問題

不動産(建築、近隣紛争)

建築紛争、近隣紛争、境界問題

購入したマンションの壁にひび割れ等が発生しています。欠陥マンションだった場合、誰にどのような請求ができるのでしょうか。

ケースによりますが、売主の他、設計者、施工業者、下請業者、工事監理者等の関係者に対して損害賠償請求することが可能です。

欠陥住宅・マンションの原因には、設計ミス、施工ミス、地盤の欠陥等様々な原因がありえるため、ケースバイケースですが、売主の他、設計者、施工業者、下請業者、工事監理者等の関係者に対して損害賠償請求することが可能です。法律的な構成としては、瑕疵担保、債務不履行、不法行為などの責任を問うことが考えられますが、欠陥住宅・マンションは法律的にも難しい問題ですので、先ずは弁護士に相談してみて下さい。

自宅の目の前に高層マンションが建設されることになりました。日当たりや眺望の悪化、風害や電波障害など心配なのですが、建設業者は曖昧な説明しかしてくれません。

裁判所に建築工事差止の仮処分等の法的手続きを積極的に活用すべきです、

建築工事の差止めが認められるためには、マンション建築によって被る被害が、社会生活上我慢すべきと考えられる範囲(受忍限度)を超えていなければいけません。最終的にマンションの建築自体を完全に止めさせるのは容易ではありませんが、裁判所に建築工事差止の仮処分を行うことで、施主や工事関係者と設計・工事内容の変更等について協議が可能になることも多いので、仮処分等の法的手続を積極的に活用すべきです。

土地を購入したのですが、隣地との境界について隣人の言い分が食い違っており、話し合いで解決できません。

筆界特定制度という行政上の制度を利用してみましょう。

筆界特定制度という行政上の制度を利用してみましょう。法務局に申請をすれば、調査や測量をした上で、土地の筆界線を特定してくれます。ただし、その筆界線に不服がある場合には、裁判所に境界確定訴訟を起こして解決するしかありません。

まずはお気軽にお問合せをご利用ください!

お電話でのお問合せはこちら

03-5251-0003

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:30~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

03-5251-0003
0120-580-261

受付時間 月~金(祝日除く)9:30~18:00 

代表者プロフィール

代表弁護士 山枡 幸文

弁護士会登録番号

No:20055

貴方の『お抱え弁護士』として、あすなろ法律事務所をご活用ください。

メディア掲載情報
専門サイト

ご連絡先はこちら

あすなろ法律事務所

お電話でのお問合せはこちら

03-5251-0003
0120-580-261
住所

〒105-0003
東京都港区西新橋1丁目20番3号
虎ノ門法曹ビル201号